「上阪徹のブックライター塾」第3期、今夜申し込み受付開始!

|

こんにちは、からまるです。

今週のエントリで触れた「上阪徹のブックライター塾」、じつは第3期の開講が決まっています。すでにフェイスブックのこのページに予告されているように、本日の19時から申し込み受付が始まります。日程は4月2日からゴールデンウィークをはさんで5月14日まで全4回、飲み会付き。場所は講談社の会議室です。課題図書はもちろん上阪徹さんの『職業、ブックライター。』

職業ブックライター_帯あり昨年の同じ時期に開催した第2期は、もともとすでにプロのライターとして仕事をばりばりしていた方々が多かったので、その後にさまざまな活動報告を聞くのが、からまるの楽しみとなりました。ブックライターの仕事だけでなく、インタビューの仕事やネットに自分の媒体を立ち上げての執筆活動、自著の出版をした方も、ニュースサイトに就職した方もいらっしゃいます。自主的に講師を呼んで活動する集まりなど、塾生同士の相互作用もあちこちで生まれているようです。「書いて生きていく」という上阪さんの生き方にならいつつ、みなさん模索しながら充実した活動を展開しています。もちろん、ライターが本職でない方々もたくさんいらして、プロのライターさんたちから刺激を受けたり、また逆に刺激を与えたりしながら参加してくれ、新しい進路を見つけようとされていました。

じつはからまるは、これまた書くこととはぜんぜん関係ないのですが、ブックライター塾に駅伝部をつくっているのです。からまるに無理矢理参加させられた人もいたりするのですが、来年1月中旬にはブックライター塾駅伝部として3回目のエントリーをしていて、42.195キロを5人のランナーで、たすきリレーしながら走り抜きます! 毎回、終わった後のビールがこの世のものとは思えないほど美味しいのです。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年12月 1日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日もう一ネタ! 『世界の権力者が寵愛した銀行』のエルヴェ・ファルチャーニさんは驚くほどイケメンだった!」です。

次のブログ記事は「齋藤孝さんの『いつも余裕で結果を出す人の複線思考術』、なんとか同じ齋藤さんの『考え方の教室』の背中を捕らえたい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4