からまるはなぜ、仕事が遅いのか?

|

こんにちは、からまるです。

鳥原隆志さんの『世界一わかりやすい「インバスケット思考」』(+α文庫)はいよいよ明日、発売です。発売前に一言だけ「インバスケット」に取り組むヒントを書いておきますと、それは「何から先に解決するか」を考えることなのです。

からまるは人より仕事が遅いな、と感じることがよくあります。周囲の人にそう言うと、「それはからまるさんが忙しいだけだよ」と、けっしてそう信じてはいない顔で慰めてくれます。アウトプットの量から言って、人より忙しいわけがありません。つまりは仕事の段取りが悪いのでしょう。人より読む時間が遅いのは昔から自覚するところですが、自分で「インバスケット」をやって思い当たったのは、仕事に取り組む順序が間違っているのではないかということなのです。

仕事がいろいろと重なっているとき、どの順序で片付けるか。からまるはついつい「すぐにできそうなこと」から先に始めます。メールチェックとか、売れ行きのデータを見るとか、ルーティンの作業をするとか、そういうことですね。それらを手早くスカッと終わらせて、しっかり考えなければいけない仕事に移行するのです。

ところが、手早くスカッと終わるはずの仕事にけっこう手間取り、終わってみたら遅めのランチタイム。時間が押しているので社内の食堂にたたっと降りて定食をかき込み、編集部に戻ってきて、よしやろうとなったらいつの間にか夕方になっている。ああ今日も深夜まで仕事かあ、と一日の仕事がなかなか終わらない悪循環によく陥ります。たぶん仕事の手順が逆なのでしょう。それに気付かせてくれたのも「インバスケット」の効果なのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2015年12月17日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鳥原隆志さん『世界一わかりやすい「インバスケット思考」』で得られる至高体験!」です。

次のブログ記事は「明日からしばらくお休みです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4