イギリスのEU離脱ショックは企画的には追い風。

|

こんにちは、からまるです。

イギリスの国民投票は、日本時間の昨晩くらいはイギリスの「EU残留」に楽観ムードが漂っていたにもかかわらず、開票したら「離脱」となりました。最後の最後は経済的デメリットに目が向くのでは?と予測していたのでショックですね。日本では一気に株安と円高が進みました。明日明後日は市場がクローズなので、そのぶんキツいのかもしれません。

いろいろな影響が議論されています。からまるの仕事にまで、その影響は及びます。いま準備中の本のうち二つは世界経済をテーマにしているので、モロかぶり。からまる個人としてはショックだけれど、しかし書くネタが増えるし、関心も高まるので、変な言い方ながら追い風にはなりそう。早速、著者の方に「いきましょう!」とメールしたところでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年6月24日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もしAIが編集・校正作業のほとんどを担ったら。」です。

次のブログ記事は「Brexitの先輩格Grexitのことは竹森俊平さん『欧州統合、ギリシャに死す』で。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4