来月は+α新書の新刊も出します。メインタイトルは『選ばれ続ける必然』!

|

こんにちは、からまるです。

来月は+α新書でも新刊を出すのです。タイトルは『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』。著者は凸版印刷さんでブランディング・ディレクターとして活躍する佐藤圭一さんです。

読んで字の如くブランディングの本なのですが、どうも「ブランディング」という言葉だけだと、「ああブランドのことね」とスルーされてしまう可能性がありますよね。そこで何度かディスカッションするうちにできたのが、メインタイトルになっている「選ばれ続ける必然」という言葉です。

からまるの念頭にあったのは、東芝と三菱自動車の不祥事でした。両社ともひじょうにすぐれた技術を持ち、素晴らしい品質の商品を開発してきました。でも、その会社が不祥事を起こすことによって、会社に対する信頼が揺らぐと、たとえ品質のよい商品であったとしても、お客は選択肢から外します。ということは、お客は商品そのものだけでなく、その商品を作っている会社の人格みたいなものをじっと見ている。めまぐるしく新しい商品を出しても、人格はそんなに変わらないから、「この人格が作ったものだから、きっといいものなのだろう」と信頼する。そうして「選ばれる」段階から「選ばれ続ける」段階に移っていく。その「必然」を創造していくのがブランディングではないのか、というプロセスで、このメインタイトルにたどり着いたのでした。

来週はこの魅力的な新刊の話題を。週明け月曜日は休暇を取りますので、また来週火曜日に!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年7月29日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス事件第二幕が、そう遠くない将来に開幕!」です。

次のブログ記事は「『選ばれ続ける必然』のキーワードの一つは、お客の期待との「ズレ」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4