会社の評判は「一瞬の積み重ね」で決まる。

|

こんにちは、からまるです。

佐藤圭一さんの新刊『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』の第1章「あなたの会社はズレていませんか?」に続く第2章は「お客様との接触ポイントに気配りしていますか?」です。「コンタクト・ポイント」という言い方もされるようですが、佐藤さんは、お客とモノやサービスの接触ポイントで、その会社の一貫性が感じられることが大切だと書いています。

接触ポイントはいろいろあります。お店や公共交通機関などは容易に想像できますが、BtoB企業だって、カタログのデザインや封筒の色も接触ポイントを形成します。それらに一貫したその会社「らしさ」がブランドをつくると佐藤さんは本書で書きます。また、その接触は、おおむねほんの一瞬のもの。でもその一瞬でお客は会社を選ぶのだから、その一瞬一瞬の積み重ねがものすごく大事になるとも、佐藤さんはおっしゃいます。

じつは、原稿ができる前の企画段階のタイトル案として、「社員がバラバラの会社は潰れます」の次に候補になったのが、「会社の評判は一瞬の積み重ね」というものでした。でも、これは次の案に押されることになりました。では、三番目の案は何だったのでしょう?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年8月 5日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日バタバタ一回休み」です。

次のブログ記事は「お客様は御社のどこを見ている?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4