大企業経営者の責任は編集者にはわからないほど大きい。

|

こんにちは、からまるです。

昨晩は19日に発売する+α文庫『ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件』の著者である山口義正さんと打ち上げをしました。場所は神保町にある焼き鳥屋さんです。以前、ある人に紹介されまして、めちゃいい店なんですよね、ここ。昨晩もコース料理を堪能しました。

話の内容はヤバい情報ばかりなので、とてもここにはご紹介できません。情報は集まるところには集まるものなのですね。オリンパス事件をたった一人で追及した勇気が、山口さんを情報の集積地たらしめたことになります。一方で、あの本の主役たちは、まったく別の人生を送っているようです。大企業の経営者が、その地位に伴って負うことになる責任の大きさを垣間見ることができました。からまるのような一編集者にはとても実感のわかない世界です。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年8月17日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Fake it till you become it. うん、やはりこれでいこう!」です。

次のブログ記事は「「シン・ゴジラ」の扮装統括でも話題の柘植伊佐夫さんの本。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4