佐藤圭一さん『選ばれ続ける必然』一部抜粋を「現代ビジネス」で読めます!

|

こんにちは、からまるです。

佐藤圭一さんの『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』(+α新書)のごく一部抜粋を「現代ビジネス」で読むことができます。「その名刺、そのデザインが、あなたの会社をダメにする!」という記事です。本書の中でからまるが気に入っている「ズレ」の話とはちがう部分なのですが、ブランディングの平易な入門書という本書の長所がよく出ていると思います。

たとえば、会社でロゴを開発するときのプロセス。佐藤さんによれば、これには3つの方法があるそうです。1、トップの独断で決める 2、著名なデザイナーを起用する 3、社員を巻き込む、の3つです。

本書では「社員を巻き込」みながらロゴを開発した東武グループの実例が紹介されます。社内のプロジェクトメンバーとディスカッションを重ねて、佐藤さんたちは何と1500案ものデザインスケッチを作ったのだそうです。すごい数ですよね。そこから32案に絞り、さらに精緻化していく。その間、最初から最後までずっと社員が開発に何らかの形でかかわっていくので、決定した案に社内で納得感が得られるのは当然なのでしょう。

もしこれが、「これって社長の趣味だからさ」とか「ほら、あの有名な××さんの案らしいよ」と社内で社員がささやき合うのだったらどうでしょう? それよりも健全かもしれないと、からまるは思った次第です。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年8月23日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ブランディングは必須教養」。ビジネスブックマラソンに『選ばれ続ける必然』が取り上げられました!」です。

次のブログ記事は「来月も+α新書を出します!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4