出口治明さん『50歳からの出直し大作戦』、最初の取材は中村勝クオール社長(当時)でした。

|

こんにちは、からまるです。

昨日に続き、出口治明さんの新刊『50歳からの出直し大作戦』の話。本書は完全に50代の方々のために企画された本です。そこから、出口さんの実体験に加えて、実際に50代でまったく新しい仕事人生を始めた方々を紹介しよう、しかも編集部がその方々を取材して記事を書くのではなく、出口さん自らがその方々に取材をしよう、という具合に企画が発展していきました。

出口さんは言うまでもなく現役の企業経営者です。そのような方が取材するなら、超多忙ゆえに取材時間の調整は大変だけれど、記者よりもはるかに迫力のある取材が、お相手の心に肉薄できる取材ができるにちがいない。これは面白い企画になったものだと思いました。

じつはこの企画は、今はなきノンフィクション雑誌「G2」の企画でもありました。雑誌掲載で弾みをつけ、ある程度の原稿をもらい、本にする取っかかりを作るのです。「G2」掲載を兼ねた最初の取材となったのが、クオール薬局を経営するクオール株式会社の創業者で当時代表取締役社長(現在は会長)だった中村勝さんでした。時は2014年11月11日のことでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2016年9月 6日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「+α新書9月の担当作は出口治明さんの新刊!」です。

次のブログ記事は「松葉杖をつきながら出口治明さんの取材に立ち会い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4