他人を妬むイヤな感情を排除する言葉、「他人の失敗は自分の成功ではない」

|

こんにちは、からまるです。

先週から引き続き、戸塚隆将さんの新刊『世界の一流36人「仕事の基本」』について。からまるも含めて陥りやすい、自分でも認めたくないイヤ~な感情は、なんといっても「妬み」ですよね。どうしてあの人だけ陽の当たるところを歩いているんだ? どうしてあの人は売れっ子ばっかり担当しているんだ?? ...ああ、そう書いているそばから己の器の小ささを突きつけられるような、この厄介な感情!

それをうまく排除する考え方を戸塚さんは提示してくれます。マーガレット・サッチャーの言葉について書かれたところです。サッチャーはこういう言葉を残しています。

「貧しい人々が貧しい境遇にあるのは、他の人々が裕福だからではありません」(第3章「前向きにとらえる」09「他人と比べない」)

わかりにくいかもしれませんね。からまるも考えさせられました。サッチャリズムとも言われた1980年代の自由主義的経済政策は、「英国病」からイギリスを甦らせましたが、一方では今に続く貧富の格差のきっかけになったとも分析されます。そうした賛否両論は本書を読んでいただくとして、戸塚さんはこの言葉をビジネス関係に置き換えて考えました。

つまり、自分の失敗は他人の成功のせいではなく、他人の失敗は自分の成功でもない。お金持ちを妬んで、かれらが失敗して転落の人生を歩むことを望み、実際にそうなったところで、それは自分の成功ではありません。「他人の失敗は自分の成功ではない」(P82)。だから他人の成功をむしろ刺激にし、その成功と自分がやるべきことを分けて考えて、自分が今できることに注力しよう。この気付きはとても深いのではないかと思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年2月 6日 19:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いま自分は何を実践するべきか、具体的な努力の道筋が見えてくる本。」です。

次のブログ記事は「テンションを落とさずにメンタルを軽くする言葉、「幸運と努力を切り離す」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4