弾道ミサイル同時4発の発射は「イージス艦の迎撃能力を打ち破る狙い」と『金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日』の牧野愛博さん。

|

こんにちは、からまるです。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像6日の朝、北朝鮮がまたしても弾道ミサイルを発射しました。しかもほぼ同時に4発だったとか。同時4発とは、海上自衛隊のイージス艦1隻が同時に迎撃できる弾道ミサイルは2発とされていることから、「北朝鮮は今回、イージス艦の迎撃能力を打ち破る狙いも込めた可能性がある」と本日の朝日新聞朝刊一面で、『金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日』を出したばかりの著者、朝日新聞ソウル支局長の牧野愛博さんが書いています。

発射地である東倉里(トンチャンリ)を中心に円を描いた地図で見ると、飛距離3000キロとされるムスダンは日本をすっぽり覆うどころか、日本の排他的経済水域のほぼすべてを射程内にとらえています。北朝鮮の軍事的な示威姿勢は、アメリカにトランプ政権が誕生して以降、どんどんエスカレートしているように見えます。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年3月 7日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝日新聞書評にジュリア・ショウさん『脳はなぜ都合よく記憶するのか』登場! 評者はなんと...さん!」です。

次のブログ記事は「「3.11」から間もなく6年。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4