金沢に2度行って、2度とも兼六園を見られず!

|

こんにちは、からまるです、いやはや9日も更新していませんでした。

昨日は会社を休んで金沢に行ってきました。じつは今、からまるは金沢の本を作っているのです。マラソンが趣味のからまるは、一昨年、第一回の金沢マラソンにエントリーしたため、金沢へは一度は行ったことがあります。しかし原稿を読むのはともかく、写真を選ぶ段階になると、どうも手応えがなく...。で、時間ができた昨日、急遽、北陸新幹線の乗客となったのでした。

何せ前回はマラソン参加が目的で、しかも金沢のホテルがいっぱいで富山に泊まり、さらには選手受付のため前乗りした日はけっこうひどい雨だったもので、観光らしい観光といったら近江町市場で海鮮丼を食べたくらい。観光の代表格、兼六園に行く余裕などまったくありませんでした。

鈴木大拙館.JPG今回は日帰りとはいえ、11時過ぎに着いたので、時間はありそう。レンタサイクルでいま編集中の本に登場するスポットを回ります。ひがし茶屋街、主計町茶屋街、金沢21世紀美術館、鈴木大拙館...いやもう見所がありすぎですね。予定外の九谷焼の店にいったん入ると目が釘付けになってしまい、時間はどんどん過ぎていきます。さっと見るだけでも予定のところは回りたいと思ったら、なんと今回も兼六園を外さざるを得なくなってしまいました! ああ、いつになったらあの名園に入ることができるのでしょうか。

写真は鈴木大拙館です。写真だけではわかりませんが、巧みに設計された瞑想空間です。また行きたい。1週間くらいいたい。いっそ引っ越したい。そう思わせる金沢の奥の深さでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年4月19日 17:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「上阪徹のブックライター塾」第4期開催中!」です。

次のブログ記事は「金沢21世紀美術館では興味深い略歴の池田学さんの展覧会を開催中。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4