日本ゼロ成長、中国6%成長が続いたら、2025年に何が起きるか?

|

こんにちは、からまるです。

村上尚己さんの+α新書の新刊『日本の正しい未来 世界一豊かになる条件』が来週21日に出るのにタイミングを合わせて、今日、村上さんの寄稿を現代ビジネスに公開しました。タイトルは「日本ゼロ成長、中国6%成長が続いたら、2025年に何が起きるか」

タイトル通りの前提でいくと、2025年の中国の名目GDPは日本の3.5倍になります。IMFの推計値によると、2017年のアメリカの名目GDPは19.38兆ドル、日本は5.11兆ドルですから、アメリカは日本の約3.8倍です。だから、2025年には日本のすぐ隣に今のアメリカくらい日本と格差がある経済大国が誕生することになります。

ちなみに同じ2017年推計値では、中国は12.36兆ドルですから、今の中国は日本の2.4倍くらい。この倍率が3.5倍まで拡大するとしたらどうなるでしょう。中国の現体制が目指している強国路線から考えると、経済力を生かしたものすごい軍事大国が誕生することもありそうです。

村上さんも現代ビジネスの記事で、「今の米国と同規模の経済、軍事力を持つ国が隣に登場するわけだ。米国一辺倒ではなくなり、日本の外交、軍事政策は大きく変わらざるを得なくなるだろう」と指摘しています。まさにその通りだと思います。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年11月17日 12:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『仕事消滅』にインスパイアされたふうタイトルのキンドル本ぞくぞく。」です。

次のブログ記事は「村上尚己さん『日本の正しい未来 世界一豊かになる条件』明日発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4