引っ越し整理で懐かしい生原稿も発見!

|

こんにちは、からまるです。

生原稿.JPG引っ越し作業は今日までかかっていまして、ようやく最終段階に。昨日のエントリで書いたように、整理すると、どうしても捨てられないものがどんどん出てきます。生原稿もその一つですね。

からまるが編集者になった頃は、まだ原稿用紙に書く方がいました。印刷所への入稿も生原稿です。写真のように編集者が赤字で指定を入れます。冒頭に「東西冷戦が終わり」と書いてあることからわかるように、1990年代は、本文の級数は普通、13級でした。いまは一般書の大半が14級ですから、10パーセント近く小さかったのですね。新聞もそんな感じでした。

書名は明かしませんが、この原稿はからまるが駆け出しの頃の苦労がようやく実って著者からいただいたもの。文字通りの「玉稿」です。大切な宝物ですね。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年12月12日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どうしても捨てられないもの。」です。

次のブログ記事は「他社ながらアッパレな本、『小泉進次郎と福田達夫』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4