他社ながらアッパレな本、『小泉進次郎と福田達夫』

|

こんにちは、からまるです。

今回のアッパレ本は、政治記者の田崎史郎さんが構成・執筆した『小泉進次郎と福田達夫』(文春新書、11月刊)です。肥料や農薬などの資材を農協に販売する「全国農業協同組合連合会(JA全農)」の改革が、2015年から今年にかけて自民党農林部会を主舞台にして行われました。小泉さんは部会長、福田さんは部会長代理でした。

本書は、その全農との攻防の経緯を軸に、田崎さんがファシリテーターとなって、二人の議員が対談を行う形式になっています。また、この二人が外からどう見られていたか、全農改革に関係する議員や官僚に田崎さんが話を聞いています。最後に二人それぞれに相手の長所・短所を聞き出しています。

まずこの構成がアッパレですね。田崎さんは小泉さんから「自分たちの全農改革のことを本にしてほしい」と依頼され、かなり悩んだ末に、この構成を思いついたそうですが、これは編集者でもけっこう考えつかないと思いますね。政治家の心をよく知っている人ならではの工夫だと思いました。

そして、あとがきに「二人に対する見方が格段に厚みを増した」と書いているように、何と言ってもアッパレなのは、本書にはもっと知りたい・見方を深めたい・勉強したいという田崎さんの気持ちが横溢していることです。だって、田崎さんほどの方なら、政界・政治家のことならすべてわかると思って当然ではないですか。それがぜんぜんない。二人に迫る、この探究心の衰えのなさが、本書をいっそう魅力的にしています。

内容的には、福田家の話が興味深かったですね。あの元総理・福田康夫さんにも感情を爆発させることがあったんだと唸らされたエピソード(p63)がとくに印象的でした。祖父と父を総理に持つサラリーマン出身の達夫さんは、からまるは正直、よく知りませんでしたが、俄然、注目してみたくなりました。

     *     *

さて、明日は一日中取材、さらにその後、入稿が立て続けに入りますので、明日明後日はお休みします。また来週月曜日に!

このブログ記事について

このページは、karamaruが2017年12月13日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引っ越し整理で懐かしい生原稿も発見!」です。

次のブログ記事は「『仕事消滅』の鈴木貴博さんの雑誌新連載開始!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4