「魔の二回生」「安倍チルドレン」は何が起因となって登場したのか?

|

こんにちは、からまるです。

先週予告した通り、今日から永田町内幕物の新刊のご紹介をしていきます。著者は議員に仕えて30年超のベテラン秘書さんであることは先週、書きました。秘書の誰?という疑問は後回しにしまして、本のタイトルは『プロ秘書だけが知っている永田町の秘密』です。

なんとベタな? はい、そりゃもうベタですよ。もともと永田町の皆さんたちがベタな世界に生きているのです。いまだに強い男性社会で、義理人情が濃く、「汗をかく」という言葉がリアルに生きている社会です。いいか悪いか、好きか嫌いか、意見はいろいろあるでしょうが、まるで俳優・女優のような国会議員たち(実際に自分たちをそう称している議員さんもいるそうです)が主役ですから、本のタイトルや見出し付けもベタに傾こうものです、我ながら。

では、なぜ著者がこのタイミングで本書を刊行するのか。まずは昨年の「文春砲」をはじめとする週刊誌で話題になった国会議員の「資質問題」がどこから来るのかを明らかにしようとしました。

「ちーがーうーだーろー!」が流行語大賞にノミネートされた豊田真由子前議員の秘書への暴言・暴行問題は強烈なインパクトがありましたよね。東京大学法学部卒業、ハーバード大学大学院修了、厚生労働省に入省し、老健局課長補佐まで務めた俊英キャリア官僚が、どうしてあんな人を人とも思わない態度で秘書にあたったのか。教育の含意があって厳しく指導するならともかく、彼女の音声録音から伺えるのは、不満を当たり散らす暴君そのものの姿でした。

彼女を含む2012年10月総選挙で大勝した自民党議員たちは「魔の二回生」と呼ばれ、豊田さん以外にも金子恵美さん、宮崎謙介さん、武藤隆也さん、中川俊直さんは議員辞職したり昨年の総選挙で落選したりしました。世の中を嘆かせたこの「安倍チルドレン」たちは、いったい何を起因にして登場したのでしょうか?

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年1月16日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日経新聞読書面で、玄田有史さんが鈴木貴博さん『仕事消滅』の書評を!」です。

次のブログ記事は「「小泉チルドレン」から「安倍チルドレン」に続く公募議員たちの勘違い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4