裏情報に強い議員ほど清廉潔白である。

|

こんにちは、からまるです。

昨日のエントリで、来月の新刊『プロ秘書だけが知っている永田町の秘密』の著者が、秘書が長く仕えるには議員が清廉潔白でなければならないと書いていることを紹介しました。政治に不信感を持っている人は、「清廉潔白な政治家なんて、そもそもいないだろう」「そんな議員がいたって出世するのはムリだろう」と思うかもしれません。でもからまるは原稿を読んで、いやいやそんなことはないと感じました。

政治は実践の世界。結果を出すには情報が議員の力の源泉となります。なかでももっとも欲しい情報は新聞社の政治部記者が持っているオフレコ情報だといいます。もちろん、記者さんたちはオフレコ前提で得た情報を他人に伝えたら裏切り者です。しかし、あえてその裏切りをしてでも誰かに伝えたいのは、そのほうが日本がよくなるという記者の正義感や使命感があるからだそうです。それだけの価値のある相手でなければ、かれらは他の議員にその情報を出すことはないというのです。

そして、そうした優秀な記者と付き合うためには、著者は議員の清廉潔白さが重要だと指摘します。

「何か後ろ暗いことがあると、「いつ自分のことをスキャンダルにされるか」という猜疑心を抱えながら、記者と付き合うことになってしまう。腹を割った情報交換はできなくなるだろう」

なるほど、たしかにこれはビジネスの世界でも実感できることですよね。清廉潔白であるほど裏情報が集まりやすい。それをわかっている議員が仕事で結果を出すのではないでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年1月25日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秘書が長く仕える議員には、きれいごとでなく人格が備わっている。」です。

次のブログ記事は「「週刊新潮」で報道の茂木大臣、「衆議院手帖」配布はアウト?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4