もうすぐ刊行半年、鈴木貴博さん『仕事消滅』まだまだ売れています!

|

仕事消滅.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像こんにちは、からまるです。

昨年8月の刊行ですから、もうすぐ半年になる鈴木貴博さんの『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(+α新書)はまだまだ売れています。いったんは落ち着いたのですが、鈴木さんがいろいろな場所で同テーマについて講演されたり、執筆されたりしている効果で、最近また盛り返してきた印象です。書店さんからの注文が増えているのです。

このままロングセラー街道を進んでほしいですね。まだお読みでない方は是非。トレンドの「AIと働き方」を手っ取り早く知り、知り合いや会社の同僚に話したくなる好著ですよ。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年1月31日 19:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『プロ秘書だけが知っている永田町の秘密』の著者名は畠山宏一さん。ペンネームでないと書けない情報満載!」です。

次のブログ記事は「むかし料亭、いま居酒屋。若手議員の呑み会は「飲み放題付き、一人6000円以内、ただし個室」が相場。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4