ブロックチェーンを巡る状況は1990年代半ばのインターネット黎明期にそっくりとか。

|

こんにちは、からまるです。

最近、ブロックチェーン関係の本を読んだり資料を見たりしています。からまるは仮想通貨の取引にはぜんぜん興味がなくて、それよりブロックチェーンを使った新しいビジネスにはどんなものが生まれるのか、注視したいのです。

先々週に「コンテンツ東京2018」でセミナーを聴講した森川夢佑斗さんの本『ブロックチェーン入門』(2017年、ベスト新書)によると、いまブロックチェーンを巡る状況は1990年代半ばのインターネット黎明期にそっくりなのだそうです。元来がノリの軽いからまるは、それだけでも関心を寄せずにはいられなせん。

森川さんも本に書くように、キーとなるコンセプトは「分散化」です。中央集権的な管理者なしに自律的に動くシステムがイメージできます。お金の価値や使われ方がまったくちがってきます。いったい何が起きようとしているのでしょうか。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年4月18日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人が時代をつくる。」です。

次のブログ記事は「メディア周りで注目のブロックチェーンビジネス「ALIS」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4