メディア周りで注目のブロックチェーンビジネス「ALIS」

|

こんにちは、からまるです。

昨日のエントリの続き。ブロックチェーンのビジネス展開について、メディア周りで注目されているのが、「ALIS」というソーシャルメディアです。ブロックチェーンのテクノロジーを使った日本初のソーシャルメディアであると定義し、ウェブの冒頭で次のように宣言しています。

「ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会えるソーシャルメディアプラットフォームです。信頼できる記事を書いた人、それをいち早く見つけた人が報酬を獲得することで信頼できる情報を蓄積するプラットフォームの実現を目指します。従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報にうんざりしている人々を解放することがALISの目的です」

「信頼」がキーになっていることがよくわかる文章ですね。メディア自体はまだクローズドβ版の段階のようですが、ALISのトークンエコノミーをつくる仮想通貨ALISはすでにcoinexchangeなどの海外取引所で購入することができ、ウェブサイトにあるロードマップによると、初夏までに日本国内の取引所にも上場(ICO= Initial Coin Offering=トークンでの資金調達)を果たすとしています。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年4月19日 11:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブロックチェーンを巡る状況は1990年代半ばのインターネット黎明期にそっくりとか。」です。

次のブログ記事は「『小児科医がすすめる最高の子育て食』の伊藤明子さん、「ウーマン・エキサイト」に再び登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4