いい仕事したい! 映画「ペンタゴン・ペーパーズ」。

|

こんにちは、からまるです。

このところ映画をとんと見なくなってしまいましたが、これだけはと思って先日見に行ったのが、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」です。上映スタート直後からすでに世評高く、からまるが付け加えることなど特にありません。原題は「The Post」、ワシントン・ポスト社主のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と同編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)が主人公です。

製作者のスティーヴン・スピルバーグが、このタイミングにみずから監督してこの作品を世に送り出したことに、マスコミの端くれにいる者として勇気をもらいました。政権の圧力に屈せずにペンタゴン・ペーパーズを掲載したことで、ワシントン・ポストと、最初に文書を入手・掲載したニューヨーク・タイムズは今も米国屈指のクオリティー紙(誰かにとってはフェイクニュース紙)です。幼稚な感想にすぎませんが、仕事したいなと思いましたね。いい仕事したい! そういう気持ちにさせられる映画です。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年4月 6日 17:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『小児科医がすすめる最高の子育て食』の伊藤明子さん、NHK「ひるまえほっと」に出演!」です。

次のブログ記事は「音声認識技術の向上は、いつ自動文字起こしを可能にするのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4