「保守論壇」を斬る。

|

こんにちは、からまるです。

昨日はこの日記を書き忘れてしまいました。たいしてバタバタしていたわけではないのに、どうしてかというと、午後の打ち合わせが面白すぎて、日記を書いていないことに気付くほどの頭のキャパがなかったのだと思います(ただでさえ少ないので。。)。

たまたま昨日発売の月刊誌、文藝春秋5月号には、中西輝政さんと佐伯啓思さんの対談が掲載されていました。タイトルは「「保守論壇」の劣化が止まらない」で、安倍晋三総理を支持する「紐付き保守論壇(中国何するものぞ! 韓国はけしからん! 朝日新聞は気に食わん!)」の劣化ぶりを冷静に分析しています。個人的にはたいへん胸のすく内容でありました。

で、昨日の打ち合わせというのが、こうした論壇をなで斬りにする新企画のためのものなのです。これは面白いことになりそうだ!と浮かれているうちに、一日が終わってしまったのでした。

このブログ記事について

このページは、karamaruが2018年4月11日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「音声認識技術の向上は、いつ自動文字起こしを可能にするのか?」です。

次のブログ記事は「『小児科医がすすめる最高の子育て食』の伊藤明子さんが「ウーマン・エキサイト」に登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.4